「ふるさと納税」知らないと損する!年収教えちゃいます!




すっかりメジャーとなった「ふるさと納税」

 

返礼品の問題で、徐々に「お礼の品」の品質低下が見込まれるところですが、それでも、何ももらえないよりは、もらえた方がお得と考える人は多いはず。

 

今回は、まだまだ人気のふるさと納税の、知らないと損をする注意点についてお話します。

 

ふるさと納税やり方

 

ふるさと納税は、各自治体のサイトや、ふるさと納税専用のサイトから行うことができます。

 

おすすめのサイトは以下のサイトです。

 

「ふるさとチョイス」

www.furusato-tax.jp/ふるさと納税‎

 

「さとふる」

https://www.satofull.jp/

 

ふるさと納税がお得と言える仕組み

 

ふるさと納税とは、各自治体に、現金を寄付することです。

 

この寄付をすることにより、以下の2つの特典が受けられます。

 

1・寄付をすると、その金額の約3割に相当する「お礼の品」がもらえること

 

2・寄付をした金額が、所得税と住民税からマイナスされるため、上限内であれば、寄付金の実質負担額は2,000円となること

 

つまり、ふるさと納税で負担した金額は、2,000円を除いて、税金を安くしてくれる、つまり税金の前払い金、という扱いにしてもらえるのです。

 

それに加えて3割程度のお礼の品がもらえるため、ふるさと納税で、税金を前払いした方が、お礼の品の分だけ得をしていることになるというわけです。

 

これを知れば、上限についても察しがつくと思います。

 

 

自分が支払う税金以上にふるさと納税をしてしまうと、負担金額が2,000円では済まなくなってしまうのです。

 

つまり、ふるさと納税の上限とは、各人の所得に応じて異なるのです。

 

ふるさと納税の年収はいつからいつまで

 

ふるさと納税による特典が受けられるのは、その年の1月1日から12月31日までの年収になります。




ここで知らないと損をするポイント3つをご紹介します。

 

1・ふるさと納税も1月1日から12月31日までの間に行わなければならない

 

ふるさと納税も、その年の1月1日から12月31日までの間に行ったものでなければ、その年の寄付とは認められず、税金の前払い扱いの特典を受けることが出来ません。

 

実務的には、各自治体が発行する寄付金の領収書の日付で判断します。

 

各自治体の役所は、年末年始の休みもありますので、ギリギリの申し込みにならないように気を付けましょう。

 

2・上限額は自力で見当をつけるしかない

 

ふるさと納税も、その年の1月1日から12月31日までの間に行う、ということは、年収が確定していないうちから、予想で、寄付金を調整しなければならないということです。

 

ふるさと納税の上限額を簡易的に計算するには、以下のサイトを利用しましょう。

 

ふるさとチョイス

https://www.furusato-tax.jp/example.html

 

昨年の所得と同額ほどの所得が見込まれる場合は、昨年の所得がわかる書類(お勤めされている方なら、源泉徴収票など)をご用意の上、詳細シミュレーションで入力されるとよいでしょう。

 

3・ふるさと納税をしても得しない人がいる

 

ふるさと納税で得をする人は、2,000円の手出しより、お礼の品の方が高価になる人です。

 

つまり、お礼の品が3割、という目安に従っている場合に限っては、払った寄付金の3割の金額が2,000円より安い人は、逆に損をすることになります。

 

具体的には6,667円より寄付金が少ないと、手出しの方が大きくなる計算になります。

 

ふるさと納税おすすめマル秘情報

 

クレジット払いで、クレジットポイントもゲット

 

ふるさと納税は、自治体によっては、クレジット決済ができるところがあります。

 

すると、税金の前払いのはずの支払いで、何とクレジットカードのポイントとの二重取りが出来てしまいます。

 

 

これは、お得ですね。

 

また、ふるさと納税は、その年の1月1日から12月31日の間にしなければならず、その判断は、領収書の日付で判断されます。

 

では、12月末にふるさと納税を思い出した人は、諦めなければならないのでしょうか。

 

 

そんな方も、クレジット決済ができる自治体を探してみましょう。

 

クレジット決済であれば、自治体によっては、クレジット決済をした日の日付けで、領収書を発行してくれるところもあります。

 

自治体に問い合わせるかホームページで確認の上、寄付をしましょう。

 

 

最後に、

 

いかがだったでしょうか。まだふるさと納税をしていない方、今年はぜひチャレンジしてくださいね!




カテゴリ:生活 




人気の記事
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ