シニアアドバイザーとは



大人婚活NO.1!【華の会メールBridal】

『自分はもう若くないから…。』そんな風に思っていませんか?

恋愛・結婚・再婚を考えるのに、年齢は関係ありません!

晩婚社会と言われる今、30代後半~70代で出会いを求めている方は驚くほどたくさんいるのです。

新しい出会いから、豊かでときめく人生をもう一度はじめてみませんか?

シニアアドバイザーとは

人間はいくつになっても自分の居場所を確立していたいものです。

よく年齢の事を気にして遠慮する人がいますがとても勿体無いですね。

若い人には若い人の良さがありますし、シニアにはシニアにしかないものがあります。

その時代によって人の生き様は違ってくるものでしょうが、人としての本質は変わらない事が多いのではないでしょうか?

シニア世代には今後の更なる活躍が期待される場が広がってきているようです。

シニア世代が目を向けたい事

違う世代間が一緒に何かをするとそこには必ずと言っていいほどお互いに「ジェネレーションギャップを感じる」と言いますね。

確かに時代が変われば、その時に使われている物事には古さが出てくる事もあります。

しかしそんな時を重ねてきたからこそのスキルやノウハウを持っているのがシニア世代です。

そして今、シニアアドバイザーという役割があらゆる場所から求められているのです。

求められているシニアアドバイザー

野球チームではこのシニアアドバイザーという役名をよく聞きますね。

そもそもシニアとは高齢者ばかりではありません。

子育てが終わってやれやれという女性も、長年の勤めた会社を定年退職した人もシニアと言われます。

どこのお店でもシニアアドバイザーとしての役割を持った比較的若い人もたくさんいます。

お客様とのトラブルを解決するにしてもこのシニアアドバイザーは多大な働きをしているようです。

やはりこれから成長していこうという地域や企業等にとっては実績と経験はお宝にもなり得るというわけですね。

今後シニア世代によって築かれてきたものが、時代の流れによって大きく変わるにしても土台は変わりません。

シニアアドバイザーとしての仕事はこれからもどんどん求められるでしょう。

今既に活躍をしている人達はこれまでの実績や経験を大きく発揮しながらあらゆる場所でサポートをしています。

必要とされている力はまだまだ出していかなければいけませんね。

シニアアドバイザーとして自分を活かす

思いがけずこれまでの経験が生かされたという人は多いのではないでしょうか?

例えば、

シニアアドバイザーとして募集されているリストの中には児童文学の小節創作や女性の視点を活かした活動等もあるようです。

他にも観光誘致や書道教室講師等もあります。

向き不向きはあるにしても、勉強したらチャレンジできそうな項目ではありませんか?難しい事ばかりではなく、むしろ生活の中で必要とされてきた事も多いのです。

もちろん特殊な技術や知識等も数多く求められています。

シニアとして活躍する人生の第2ステージの始まりですよね。

せっかくの各々の持っている能力を是非シニアアドバイザーとして活かしていく場を増やしていきたいものです。


大人婚活NO.1!【華の会メールBridal】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です