Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

脳と記憶力

[ad#co-4]

人間の記憶が、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚が五感と大切な関係があります。
勉強をしていて何かを覚えようとする時に蛍光ペンやアンダーラインを引いてみたり、何度も同じことを書いてみたりします。
たとえば、音読して読んだりもするときもあると思います。
それらは何らかの動作を行うと暗記しやすくなることを経験的に覚えているからです。
しかし、視覚だけから情報を入れたときよりも耳で聞く、手を動かす、声にだすというように様々な情報を取り入れたほうが人間の脳は記憶されやすいように出来ています。

つまり、五感を使って暗記をすると忘れにくくなります。
人間の脳は記憶をしても3時間もすると忘れていくので2時間50分ごろに同じ事を記憶をしていくことで忘れなくなるようです。

それと、学生さんでは徹夜で勉強をことはよくあると思います
時間がなく覚える内容が多く一気に覚えようとしてもうまくいかないし、能率は下がります。
そんな時は無理をせず休憩をとって頭、体を休めることが必要です。

人間の体は無数の神経がはりめぐらされていて、つまり心臓を動かしたり汗をかくなど、自分ではコントロールできない生理的バランスをつかさどるのが自立神経です。

自立神経は交感神経と副交感神経に分かれており、例えば車のアクセルとブレーキのように必要に応じて切り替わっています。
緊張したり、緊急事態がおきたときは交感神経が働き、リラックスしているときは副交感神経が働きます。

勉強や仕事を続けるには、この交感神経を働かせ続けていることであり、長く続けなければどこかに無理が出てきます。1日のうちに何度か副交感神経を基本的に働かせて疲れた体や脳を休めることが必要です。

[ad#co-2]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です