Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

脳のリラックス方法

イライラしている時、脳は殆ど動かなくなる

自分では頭を使っているつもりでも思考が堂々めぐらしたり、視野が狭くなるし発想も貧困になりやすい。

そんなときには、気分をうまく変えて、リラックスできれば、頭はスムーズに働くようになる。

リラックスすると脳が冴えてくるのは、脳波に「α㌁波」が多い状態になるからだ。

脳波には、a㌁波からβベータ波、γガンマ波、δデルタ波、θシータ波の5種類がある。

たとえば、βベータ波は周波数20ヘルツの状態をさしそれが出ているとき脳が緊張状態になっている。

きらいなことをしている場合が多く、脳は思うようには動いてくれない。

一方、a㌁波は10ヘルツの周波数でそれが出ているのは脳がリラックスしている証拠。

a㌁波がでているとき脳は効率よく動き、思いもよらないアイデアもでる。

このa㌁波が出ているとき、脳内では,エンドルフィンという物質が盛んに分泌されている。

βベータエンドルフィンはA10細胞を活性化させ、それが「海馬」に刺激を与える。

海馬は記憶と深く関わる場所場所なので、記憶力が高まっていくという事です。

a㌁波が出やすくなるのは、リラックスしているときなので、まずは目を閉じて何か楽しことを考えてみるといい。

すると、イライラしがちな脳がリセットされ、アイデアが湧きやすい状態になるといいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です