Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

記憶力をアップさせる裏ワザ

長い時間、机に向かってデスクワークをしていると、体は疲れていないのに、頭がボーとしてくることがある。

まさに、脳が疲労している状態だといえる。

体が疲れたときは、休息をとらなければ、加齢になるにつれ、もう一度立ち上がることはできない。
脳もそれと同じで、疲れてきたなと感じたときは、無理をせずに頭を休ませることが必要だ。
とくに、記憶力をめぐっては、疲労と休息のとり方が効率を大きく左右する。

人間の体のなかには、無数の神経がはりめぐらされているが、そのなかでも心臓を動かしたり、汗をかくなど、自分ではコントロールできない生理的バランスをリかさどっているのが、自立神経だ。

さらに、自律神経は交感神経と副交感神経に分かれ、車のアクセルとプレーキのように、必要に応じて切り替わっている。
緊張したり、緊急事態がおきたときは交感神経が働き、リラックスしているときには副交感神経が働く。

勉強や仕事を続けるのは、この交感神経を働かせ続けているということであり、長く続ければ、どこかに無理が出てくる。
1日のうち、何度かは副交感神経を中心に働かせて、疲れた体や脳を休めることが必要だ。

副交感神経を働かせるためには、とにかく休憩をとること。
仮眠でもいいし、好きな音楽を聞いても、湯船につかってぼんやり」してもいい。
自分にとってリラックスできる状態になれば、体と脳を休め、次の行動への活力を生み出してくれる。

散歩や体操でかるく体を動かしてもいいし、もっと手っとり早い方法でいえば、あくびや深呼吸をして脳に酸素を送るのも効果的だ。
それだけのことでも、頭がスッキリして、集中力がよみがえってくるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です