集中力か続かなくなったときの解決方法

[ad#co-4] 集中力が続かず、集中力を取り戻す簡単な方法があります。

まず、洗面台に行き、冷たい水で手や顔を洗ってみてください。それだけのことで、集中力を復活できます。
手や顔には、多数の神経が集まっていて。そこを冷水で刺激すると、その刺激がすぐに脳に伝わり、頭がシャキッとし、集中力がよみがえってきます。

また、デスクワークで、なかなか集中できないときがある場合は、机の上をきれいに片付けてみるのも一つの方法です。
机に向かったとき、机の上に置いてある雑誌やメモなどが目に入ると、余計な情報が頭に入り時間だけが消化する傾向があります。
そこで、まず机の上を片づけると、雑念を引き起こす要因が無くなり、集中しやすくなるということです。

机の上を片づける作業は、自分を仕事や勉強に追い込むきっかけにもなる。机の上がきれいになれば、もはや嫌でも目の前にあるものに向かうしがない。
また、机を片づけるというのは、集中力を高める助走作業にもなる。片づけたあとは、いやでも仕事や勉強に向かわざるをえない。そのことを意識すれば、じょじょに集中力高まっていくと思います。

 

たとえば、集中うするためには、照明にも工夫が必要です。
集中力を得たければ、まずは部屋全体の照明をやや暗めにし、机の周囲だけを部分照明でより明るくし、天井の蛍光灯だけだと、部屋全体が明るくなり、机の上よりも周囲のほうが明るかったり、机の上と同じ明るさにすると、視線は自然に周囲のほうに向いてしまう。視線が定まらなければ、脳はさまざまな情報を受け入れ、集中力は高まりにくくなるります。
つまり、部屋を少し暗めにし、自分の視線を固定するための手段と言える。部屋全体よりも、机の上を明るくすればもはや視線のやりどころは机の上しかなくなり、嫌でも仕事や勉強に集中せざるをえなくなるという事とです。周囲が暗ければ、集中力がとぎれたとき、周りに目をやっても、よけいな情報が入ってきにくく、すでに机の上に目を戻すことになり集中力を取り戻すことができます。

 

[ad#co-2]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です