Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

馬の性質

本能

まずは馬をよく知ることが大切です。
馬の姿はとても美しいし、乗ってもみたいけれど、馬は大きくて論ったりんだりするから恐い
と言われます。
しかし、馬は決して恐ろしいものではありません馬は本来角もないし、おとなしく、牙もい草食動物で、
他の動物に対して攻撃的な性質のあるものではありません。
身を守る武器は、スピードのある逃げ足です。自分の身が危険にさらされるよう所から遠ざかるうとする本能があります。

性質

馬の性質は、おとなしく、よく人になつさます。しかし馬は、人が普通想像する以上に敏感であり、耳、眼、鼻などの感覚が良く発達しているため、ちょっとしたことにも驚きます。
馬が蹴ったり、咬んだりすることは悪意からではなく粗暴な取扱等により、不安を感じた
結果生じるものです。

また物事を理解する能力低いのですがきわめて記憶力が良く、一度覚えたことはなかなか忘れないものです。
馬の性質は馬ごとに異なるので、これらを良く注意し取扱等には親しみをこめ愛情を第一に、常に細心にして大胆であることが必要で、その結果人と馬の信が生れることになります。

馬の表情

1)何かに気をとられている状態
鼻孔を大きく開き、フウフウと大きく息をし、耳をそろえて一定の方向にむます。

2)不安を示す状態
耳をピクピクと左右に向け、あるいはしきりに動かしたり、時に身体各部の皮膚などブルブルと震わせていたり、眼もあちこち定まらず鼻孔も開いて方面を嗅ぐようにし、
落ちつかない様子をます。

3)欲望を表わす状態
お腹が空かがすいたり、水を欲しがるときは、前趺で前掻などをします。

4)喜びを表わす状態
窮屈な馬房や、暑著しい馬房から涼しい草地などへ放きれると、頭を上げて尾を高く振りまわし、大きな呼吸をしたり、元気にいなないたりします。
これらは、馬が喜びを表わしているもので、時々立ち上がったり跳ねたり蹴ったりする事がありますが、これは馬が悪意ですることではないので誤解しないようにしましょう。

☆できるだけ楽して稼ぎたい方はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です