Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ニンテンドーDS

DSによるゲームの変化
2004年に任天堂から発売された新しいゲームマシンのDSはそれまでのゲーム機とは一線を画するものでした。画面を2つ持つばかりか、一方はタッチスクリーンになっていました。またマイク機能もあり、すれちがい通信という通信機能も備えていました。
ゲーム機としては想像を超えた機能を持つDSは、それらを利用したゲームと相まって世間に広く認知されました。

タッチペンを利用した教育系ゲーム
DSの機能で一番革新的だったのは、その後一般的にも広まることになるタッチスクリーンです。DSのソフトの中にはタッチ操作を主体的に取り入れた作品が多く存在します。それは漢検やTOEICなどの教育系のソフトです。
これらの存在がDSの存在を強く知らしめることになります。DSのゲームは楽しく勉強が出来るのです。

脳を鍛えるシリーズ
DSの機能をいち早く最大限利用したゲームは『脳を鍛える大人のDSトレーニング』に間違いないでしょう。
特に普段ゲームをしない人でも、これだけはプレイしたことがある方もいるのではないでしょうか。ゲームが単なる遊びから、生活を豊かにするプラスの文化として大きく変化した点とも言えます。

レイトン教授シリーズ
DSだからこそ発売することができたシリーズが『レイトン教授』です。これまでのゲームマシンでは、なぞなぞを含むクイズゲームは単純な4択問題や早押ししかできませんでした。
しかしDSのタッチ操作のおかげで、問題で使う道具を実際に自分で動かしたり、見方を変えたりとより多様な問題が作られるようになりました。それを密集させたのが『レイトン教授』シリーズです。DSでは全部で4作出ていますので、まだ遊んだことがない方はぜひ一度楽しんでみてください。

絵を描いたり、音楽を作ったりもできる
DSのタッチ操作は、様々なソフトの開発を促進しました。絵を描く勉強ができたり、音楽を作って楽しむことも出来るようになりました。
単純なゲームを遊ぶだけの機械ではなく、幅広い活用が出来る多機能型ゲーム機としてその地位を確固たるものにしました。今一度DSのソフトを遊びなおすと、また新しい発見があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です