エクセルの使い方|分かりやすく解説!

今さら人には聞けないエクセルのこと

 

表計算ソフトウェアとして、Microsoftから発売されているエクセルは仕事でよく利用されています。

 

パソコンを使うことが主流になった現在のビジネスや仕事においてエクセルを使いこなせる人は、かなり重宝されます。

 

今さら人には聞けないエクセルの基本的なことをメインに紹介していきます。

 

そもそもエクセルとは

 

表計算ソフトで、表を作成してその中の数値の合計の計算や、それを基にしたグラフの作成が主な使用目的です。

 

MicrsoftがWindowsやMac向けに作っているソフトウェアです。

 

ワードと同じくMicrosoftOfficeのグループの中枢をなすソフトになっています。

 

エクセルで出来ること

 

数100種類ある関数により、複雑で高度な計算も簡単に出来るようになっているのも特徴の一つです。

 

Microsoftのソフトウェアの中でもエクセルがよく取り上げられるのは、計算だけでなく文字も扱えて、なおかつ画像を取り組むことができる点が挙げられます。

 

またエクセルで作った表を他のソフトウェアに使用できる点も強みです。

 

1つのソフトウェアとしての枠を超えた汎用性が、今多くの人に使用されている最大の理由です。

 

フリー版も存在しています

 

MicrosoftOfficeは有償のソフトウェアですが、似たような機能を持つフリーのソフトウェアが存在します。

 

それがOpenOfficeです。

 

こちらにもエクセルのような表計算ソフトがありますので、まずはこちらで表計算ソフトとはどういうものかを試してみると良いと思います。

 

エクセルを含むMicrosoftOfficeはそこそこ値が張りますので、経済的にもOpenOfficeを利用することをお勧めします。

 

エクセルの使い方は人それぞれ

 

エクセルにはさらに、強力なマクロ言語(VBA)を利用することでアプリケーションを作ることも可能です。

 

エクセルが多くの人に使われているのは、このように奥が深いという点もあります。

 

表計算ソフトと銘打っていますが、その実情は表計算の範囲を飛び越える、活用方法が多い開発環境の1つと言えます。

 

そのためネット上でも多くの仕様ガイドの情報が載っています。

 

まずはエクセルに関する情報を見てみると、意外な使い方に驚くかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です