Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

シニアと過ごす最新住宅計画

シニア住まいと言えば、そのたたずまいは立派な物。

 

庭や玄関もかなりの広さで中に入るとぷーんと懐かしい木の香りがして…というイメージでした。

 

これまでの積み重ねられた年月で作られた暮らしの結晶とも言うべきものだったのでしょうか?しかし徐々にその暮らし方は変わってきてますね。

 

最近のシニアの住宅の間取りが気になる

身体の事も考えて、やがて来るべき時の為にも身体に優しい間取りが欲しいものです。

 

キッチンはやはり動きやすく、使いやすいという条件の整った場所でなければいけません。

 

量ではなく質が食材に求められるシニアにとって、キッチンの間取りへの工夫は大切です。

 

ある程度の広さ、収納場所と数、そして動きやすさという事にはこだわりたいものです。

 

リビングでは、シニアにとって癒しの場所でありたいですね。

 

知人や親戚、子供夫婦と孫達がいつ来ても明るい光が射した広く心地よい空間であってほしいのです。

 

他に大切な場所は洗面所、浴室、トイレですね。それぞれ滑りにくい素材の床であったり暖房設備を整えたり、

との健康面に最適な条件にこだわりたいものです。

 

シニア住宅 間取り変更の選択

これまで培ってきた安らぎのある住居にも、やがては古さが気になってきます。

 

元気に動けるうちにこれからの住まいをリフォームする事も一つの選択です。

 

シニア住まいとしては、暮らしやすく安心できるバリアフリーを取り入れたいですね。

 

温かく安心でき、これまでと違う力が漲ってくる事もあるかもしれませんし、新しくなるという楽しみも感じられます。

 

こだわりのある部分は、そのまま残しておけるような提案を業者さんにお願いしたいものです。

 

そして行く行くは子供夫婦や孫達と一緒に暮らせるのであれば、それはそれで精神的にも安心できますし、気分も華やぎますね。

 

若い世代の暮らしぶりから新たな発見もあるかもしれませんから若々しさも保てるでしょう。

 

シニア世代のこれからの住まい

自分の家は何と言っても様々な想いが詰まっています。

 

しかし健康上の理由でそのままそこで暮らす事が出来なくなる事も考えられます。

 

シニア住まいとして、介護付きマンションという選択もかなり増えていますね。

 

子供がいたとしてもそれぞれの事情がありますし、また子供のいないシニア夫婦もいますよね。

 

今後の事を考えると健康に対する不安はつきものです。

 

そう思えば元気なうちからのシニア住まいとしての場所には計画の一つとして考えるのも良いでしょう。

 

時代の変化とともに人生の考え方も変わっています。

 

何が一番自分にとって大切なのかという事からのシニア世代の住まいは選択範囲が広がっていると言えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です