自律神経を整え体温上昇を目指す健康管理

自律神経を整え体温上昇を目指す

人が病気を引き起こす時、おそらくこのような事だろうとは思っても実際はそれらの原因は確定できませんね。

しかし、病気で身体の不調を感じる時に発熱以外は血流が悪く体温が低下している事が多いようです。

体温が低いと血流も悪く、体に留まっている老廃物を排出しにくいという現象が出てきます。

また免疫機能も働きが悪くなる為ガンを発症させる事にもなってしまいます。更に血行不良にもつながりますので糖尿病、高血圧、心臓病等の原因となったり、基礎代謝がうまく出来ないので一気に老化への道を辿る事にもなるのです。

自律神経と体温

この体温低下は、自律神経が大きく影響していると言われています。

実はこの自律神経とはとても厄介な物で何とか頑張って、自分の力でコントロールできるようなものではないのです。その為平常の自分の体温をあげられる方法を何とか見つけ出し自分の身体を守らなければなりません。

体温をあげる為に様々な方法が取り上げられていますが一番効果的とされているものは、運動ですね。

身体を動かす事で血流は良くなり、もちろん体温が上がります。しかしこれはすでに何らかの病気を発症している人には少々困難でもあります。そこでそのような人にも対応できる「音」を使うという方法があるのです。

体温上昇の為の様々な方法

音は振動につながります。生きている限り意識せずとも動いている心臓の鼓動も振動です。

私達は生まれる前からお腹の中でお母さんの心臓の鼓動を感じていました。その為鼓動は最も心地良い音の響きを感じられそれが私達を癒し、結果的に体温上昇へと導いていくのです。

音という事から考えると「音楽」も効果的ですね。例えば神経系への働きかけとして音楽療法が挙げられます。自分にとって心地よい音楽には精神を安定させ、血流促進効果が期待できます。

その為体温上昇効果にもつながるのですね。

また、「色彩効果」を利用する方法もあります。これについては視覚的な好みもあるでしょうが、色は光により存在するものです。

そして私達は光が無ければ生命力も低下してしまいかねません。そういった意味ではこの「色」も自律神経を整え、体温上昇させる為にとても大切なのです。例えば緑は安らぎを感じられますね。

赤はエネルギーがみなぎってきます。このような心理的効果で自律神経への働きかけを望めるのです。

他にガーデニングや美術鑑賞、そして食事療法や睡眠とその効果で体温上昇を望めるものは日常生活の中にたくさんあります。これらを十分に利用して最適な体温上昇を目指し、健康な身体づくりに役立てられる事が出来ればそれが理想的ですよね。

それでは、最後までお読みいただいてありがとうございました。
[ad#co-2]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です