Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

LINEの鍵マーク本当の意味|誰も知らない安全にメッセージを送る方法

LINEのトーク画面の上部に、相手の名前と一緒についている、「鍵マーク」

この鍵マークの意味をご存知でしたでしょうか。

タッチしてみると、「このトークルームのメッセージと通話は暗号化されて安全です。」

というメッセージが表示されるので、有害なものではなさそうですが、一体何なのかははっきりしなくてモヤモヤしますよね。

今回は、この鍵マークの意味と仕組みについてみていきましょう。

鍵マークの意味

鍵マーク(ロックアイコン)は、そのトークルームでのテキストメッセージや、「1:1」の無料通話を、「レターシーリング(LetterSealing)」という暗号化通信機能によって、保護された状態であるということを示すものです。

ではなぜ、メッセージを暗号化して保護する必要があるのでしょうか。

それは、盗聴や傍受を防ぐ為です。LINEのメッセージや通話は、インターネットを介して世界中と繋がることができます。全く暗号化されていないメッセージは、盗み見や盗聴をされやすい状態にあります。

LINEは親しい友人や家族、恋人とのプライベートなやりとりの空間です。

その中のメッセージが、知らない誰かに覗き見されているのは、あまり気持ちの良いものではありません。

そこで、LINEはユーザーのメッセージをきちんと保護する仕組みを作って、提供しているのです。 

レターシーリングを設定するには

基本的には、LINEの初期設定の段階で、レターシーリング(LetterSealing)はオンになっている為、ほとんどの方は設定をし直す必要がありません。

念のため設定を確認する場合は、LINEの設定画面から、プライバシー管理>Letter Sealing がオンになっているかチェックしてください。 

ただし、レターシーリング機能をオンにしたからと言って、必ず全ての通信が暗号化されるわけではないので、注意しましょう。

まず、トーク相手が、Letter Sealing機能をオフにしているケース。LetterSealingは、お互いが暗号機能を使用していて初めて機能します。どちらか一方だけが使っていても意味が無いので注意してください。

相手がLetterSealingをオフにしていて、暗号化した通信が確立できていない場合は、トークルームの情報の鍵マークが表示されません。 

また、レターシーリングは、グループトークでも有効です。

但しこの時、トークに参加している誰か一人でもLetter Sealing機能をオフにしていたら、暗号化されません。

更に、トークルームの参加者全員がきちんと設定をオンにしていたとしても、トークの参加者が51人以上である場合は、レターシーリングが機能しない仕組みになっています。

いずれも、レターシーリングされているかどうかは、トークルームに鍵マークがついているかどうかで確認するようにしましょう。

通信が暗号化されているからといって油断しないで

LINEが、通信に対して、きちんとした暗号化対策を行っていることが理解できました。

しかし、実はLINEのやりとりは、インターネット上からよりも、もっと身近なものから流出するケースが多いのです。

それは、自分の端末を、誰かが勝手に操作し、中身を見る、ことです。

スマートフォンにはロックをかけているし、指紋認証だってしているので、誰かが勝手に端末を操作することはあり得ない、と考えている方も、こんな心当たりはないでしょうか。 

例えば、ロック状態になっていないスマートフォンを置きっぱなしで、お手洗いに立ったりすることはありませんか。

スマートフォンをいじっている最中、誰かに呼ばれたので、スマートフォンをそのままにして、席をはずしたりしたことはありませんか。

スマートフォンの自動ロックは、ロックがかかるまで数分かかるので、その間は誰でもそのスマートフォンは使用可能な状態になってしまいます。

悪意のある誰かが、貴方のLINE(に限らず、スマートフォンの中身全て)を見ようと思ったら、簡単に見ることができる状態なのです。

では、きちんとロックをかけるようにして、肌身離さず持っている。きちんと指紋認証も設定している。

という場合も、もし、ロックのパスワードをたまたま盗み見られていたらどうでしょう。指紋も、自分が寝ている隙を見て、自分の指で解除されたらどうでしょう。

LINEに限った話ではありませんが、パスワードが流出する時に最もよくあるケースが、「自分がパスワードを打っている状態を、誰かに見られること」なのです。

パスワードは適切に管理するように注意しましょう。

また、誰かが勝手に端末をいじることができなくても、ロック状態からLINEのやりとりを盗み見ることもできます。

LINEの通知内容のことです。

通知画面はメッセージの中身まで表示されてしまうので、どんな相手から、どんなメッセージが来ているかがすぐに分かってしまいます。 

まとめ

 LINEのトーク画面にある鍵マークは、LINEがきちんとトークや通話を暗号化して、安全なやりとりである、ということを保証している証拠となります。

但し、通信が守られているからといって、メッセージを盗み見されないわけではないのでご注意ください。

普段から、パスワードや端末の扱いに気をつけて、安全で安心なやりとりを楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です