社会保険料の天引きのタイミング分かりやすく解説! 

新しい職場で、初めてもらうお給料、嬉しいですよね。

 

あれ?社会保険料が天引きされてないけど、これって大丈夫なの?

 

社会保険料の天引きのタイミングは、会社の運用で1回目から引かれる場合と、2回目の給与から引かれる場合があります。

 

実際のところ社会保険はいつから引かれるのか

社会保険料の天引きとは

 

社会保険の天引きとは、従業員が支払う健康保険、介護保険(40歳から)、厚生年金保険の保険料を、会社が、従業員の給料からあらかじめ差し引くことです。

 

給料から差し引かれた保険料は、翌月末に会社から国に納められます。

 

月途中で入社した場合、社会保険料は何月分から払わないといけないのか

 

入社した月の社会保険料から支払わなければいけません。

 

月単位で計算するため、日割り計算はありません。

 

具体的な天引きのタイミング

 

社会保険料の天引きは、締め日や支払日によって、当月の給与から引く会社と翌月の給与から引く会社があります。

 

ここでは、「.末締め翌月10日払い」と「末締め当月25日払い」、「10日締め20日払い」の会社を例に、4月15日に入社した社員の社会保険の天引きのタイミングを見ていきましょう。

 

・末締め翌月10日払いの場合
4月分の給与(5月10日支給)・・・4月分の控除
5月分の給与(6月10日支給)・・・5月分の控除

・末締め当月25日払いの場合

 

パターン1
4月分の給与(4月25日支給)・・・支払いはあるが、控除なし
5月分の給与(5月25日支給)・・・4月分の控除

パターン2
4月分の給与(4月25日支給)・・・4月分の控除
5月分の給与(5月25日支給)・・・5月分の控除

 この記事の続きを読む   

カテゴリ:生活 

ボーナスの税金が高いのはなぜ?知らなかった方がよかったかも!

冬になると嬉しいのは、年末のボーナス

 

今年は会社の業績もよかったから楽しみ!

 

期待に胸を膨らませてボーナスの明細書をひらくと「え?なんでこんなに引かれてるの?」なんて、がっかりした経験ございませんか

 

ボーナスから引かれる税金は、毎月の給与から引かれる税金よりも高い場合が多いです

 

今回は、ボーナスから引かれる税金について見ていきましょう

 

ボーナスの所得税が年末調整で返ってくるの?

 

ボーナスから引かれる税金とは

 

ボーナスから引かれている税金は、社会保険料(健康保険、介護保険(40歳から)、厚生年金保険、雇用保険)と源泉所得税です。

 

法律の上で税金と呼ばれるのは、この中では源泉所得税、つまり所得税だけなのですが、便宜上、社会保険料まで含めたものを税金と呼ぶことが多いようです。

 

源泉所得税は、ボーナスの方が高い場合が多い

まず、源泉所得税から見てみましょう。

 

源泉所得税は、年間の個人所得に対する税金を、給与から前払いしているものです。

 

源泉所得税は、多くの場合、ボーナスの方が高くなります。

 

理由は、給与とボーナスでは、計算方法が違うためです

 

毎月の給与は、その給与の金額をもとに計算されます。

 

ボーナスは、前月の給与の金額をもとに、それを国が決めたボーナス計算専用の税率にあてはめ、計算されます。

 

では、給与とボーナスでは、一体どのくらい源泉所得税の額が違うのか、給与とボーナスが同額支給された場合の例で見てみましょう。

 

全国健康保険協会(協会けんぽ)加入の東京都の会社に勤める40歳未満、扶養親族0人の方が、30万円のボーナスをもらった場合です。

 

この人の標準報酬月額は30万円、前月の給与も30万円だったとします。

 

この場合、30万円の給与に対する源泉所得税は、6,850円です。

 

これに対し、ボーナスの源泉所得税は、18,378円となります。

 

同額支給された場合、ボーナスの方が割高なのです。

 

こんな人はボーナスの源泉所得税が安くなる

ボーナスの源泉所得税は、前月の給与で、その額が決まります

 

そのため、次のような場合は、ボーナスの源泉所得税の方が、同額の給与にかかる金額より安くなります。

 

先ほどの例で、ボーナスの前月の給与が、たまたま12万円で、ボーナスが同じく30万円だったとしましょう。

 

この時、ボーナスにかかる源泉所得税は、6,126円になります。

 

つまり、同額の給与に対してかかる金額より安くなるのです。

 

このように、ボーナスの前月の給与だけが著しく低いと、ボーナスの源泉所得税は安くなります。

 

また、逆に、前月の給与がいつもより高い場合は、源泉所得税はさらに高くなります。

 

あまりないケースだと思いますので、ご参考までに。

源泉所得税だけが還付の対象になる

 この記事の続きを読む   

カテゴリ:生活 

キクイムシとシロアリの違い~必見方法!教えちゃいます!

キクイムシ

【詳細】

体長3~8mm。赤褐色。

ラワン材など多くの樹種の木材を食害する、家具や建材の代表的害虫。

 

本種に限らずヒラタキクイムシの仲間は、材部を食害するのは幼虫のみで、成虫になって材の外に出る時に粉状の木屑(フラス)を出すので、食害を知ることが出来る。

 

【対処方法】

生息箇所への薬剤注入。

 

ただし、完全な駆除は非常に困難です。

 

イエシロアリ

                                        参考画像(Wikipedia)より

【詳細】

木材・竹材・樹木をはじめあらゆる有機物を食害する白蟻。

 

いったん侵入すると加害速度も速く、被害は甚大、水を運ぶ能力があるので屋根裏など建物全体に及ぶことがある。

 

羽アリの群飛は6~7月。風のない温暖多湿な日の夕暮れから夜にかけて飛ぶ。走光性がある。

 

参考文献(文化財害虫辞典 2004年改訂版)

 

ヤマトシロアリ

【詳細】

 この記事の続きを読む   

カテゴリ:建設・建築 

シニアと過ごす最新住宅計画

シニア住まいと言えば、そのたたずまいは立派な物。

 

庭や玄関もかなりの広さで中に入るとぷーんと懐かしい木の香りがして…というイメージでした。

 

これまでの積み重ねられた年月で作られた暮らしの結晶とも言うべきものだったのでしょうか?しかし徐々にその暮らし方は変わってきてますね。

 

最近のシニアの住宅の間取りが気になる

身体の事も考えて、やがて来るべき時の為にも身体に優しい間取りが欲しいものです。

 

キッチンはやはり動きやすく、使いやすいという条件の整った場所でなければいけません。

 

量ではなく質が食材に求められるシニアにとって、キッチンの間取りへの工夫は大切です。

 

ある程度の広さ、収納場所と数、そして動きやすさという事にはこだわりたいものです。

 

リビングでは、シニアにとって癒しの場所でありたいですね。

 

知人や親戚、子供夫婦と孫達がいつ来ても明るい光が射した広く心地よい空間であってほしいのです。

 

他に大切な場所は洗面所、浴室、トイレですね。それぞれ滑りにくい素材の床であったり暖房設備を整えたり、

との健康面に最適な条件にこだわりたいものです。

 

シニア住宅 間取り変更の選択

これまで培ってきた安らぎのある住居にも、やがては古さが気になってきます。

 

元気に動けるうちにこれからの住まいをリフォームする事も一つの選択です。

 

シニア住まいとしては、暮らしやすく安心できるバリアフリーを取り入れたいですね。

 

温かく安心でき、これまでと違う力が漲ってくる事もあるかもしれませんし、新しくなるという楽しみも感じられます。

 

こだわりのある部分は、そのまま残しておけるような提案を業者さんにお願いしたいものです。

 

そして行く行くは子供夫婦や孫達と一緒に暮らせるのであれば、それはそれで精神的にも安心できますし、気分も華やぎますね。

 

若い世代の暮らしぶりから新たな発見もあるかもしれませんから若々しさも保てるでしょう。

 

シニア世代のこれからの住まい

自分の家は何と言っても様々な想いが詰まっています。

 

しかし健康上の理由でそのままそこで暮らす事が出来なくなる事も考えられます。

 

シニア住まいとして、介護付きマンションという選択もかなり増えていますね。

 

子供がいたとしてもそれぞれの事情がありますし、また子供のいないシニア夫婦もいますよね。

 

今後の事を考えると健康に対する不安はつきものです。

 

そう思えば元気なうちからのシニア住まいとしての場所には計画の一つとして考えるのも良いでしょう。

 

時代の変化とともに人生の考え方も変わっています。

 

何が一番自分にとって大切なのかという事からのシニア世代の住まいは選択範囲が広がっていると言えますね。

カテゴリ:生活 

定年後にできる仕事これだけは知っておきたい!?○○のコツ!

年齢を重ねると、どうしても定年という現実と向き合わねばなりません。

 

これまで会社勤めを生きがいとしていた人が、その事を考えると自分が価値の無い人間になったような気がする事もあるでしょう。

 

やれやれと胸をなで下ろして「さて、次の人生設計は?」

 

と計画立てていく人はおそらくこれから増えてはいくのでしょうが、まだまだ難しい問題に悩まされるところです。

 

しかし、会社との相互関係での最良方法を考えると、定年は致し方ないと納得せざるを得ない部分もありますね。

 

定年が現実になれば

企業側も高年齢者雇用安定法により3つの措置を取らなければならなくなりました。

 

◎定年年齢の引き上げ

◎継続雇用制度の導入

◎定年制の廃止

 

とあり、考えなければならない事が山積みでしょう。

 

企業側から言えば、やはり健康的に頭や身体がスムーズに動いて利益をもたらしてくれなければ大きな負担を抱える事になります。

 

しかし定年となった社員はできる事ならこのままの地位と給料でいたいと思うものです。

 

誰もが迎える「老い」というテーマは、解決というよりお互いの妥協ありきという事にもなるでしょう。

 

定年となる当事者も入社した時からこうなる事はわかってはいるのですが、いざそうなってみれば気持ちの中でくすぶる物は消えないものです。

 

継続雇用を考えた場合

継続雇用への理由は人それぞれですね。

 

しかし何といっても多いのは生活の為という事です。

 

若い時から来るべき日に備えていた人も多いのですが、社会情勢の激しい変動でどうしても思うようにはいかない事が多いのです。

 

急なアクシデントもあります。

 

定年と言えど、寿命は上がっている時代ですから60歳定年になれば自分を持て余してしまうのも当然でしょう。

 

まだまだ若いのですから生活に必要な物もたくさん出てきますし、時代が変われば買い替えなければならない物も出てきます。

 

現在の生活維持だけではありません。

 

年々厳しくなる社会の在り方についていくら貯金があっても老後は心配です。

 

こういう相談は企業側にとっても冷たく突き放す事が出来ない問題で頭の痛いところですね。

 

皆が皆「継続雇用は自分の健康の為」とか「まだまだ自分の能力を活かしたい」

 

という報酬にあまり関わらない理由であれば問題ないのでしょうが…。

 

定年後の企業を考える

定年後は計画的に起業する事が出来ればそれが一番ですね。

 

必死に仕事をしながらの準備はとても大変な事ですが、

定年後の自分を守る選択としてはこれも一つの方法です。

 

定年前に起業の準備をして定年後の生活がスタートした時、

軌道に乗れば現役時代よりも良い仕事ができるという人も増えています。

 

どの方法を選択するかは非常に悩ましいところですね。

カテゴリ:生活 

1 3 4 5 6 7 23
人気の記事
カテゴリー

ページの先頭へ

0000