Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ジャズ、クラシック音楽のジャンル・テーマ曲

ジャズ・クラシック音楽への距離

よく「好きな音楽のジャンルはなんですか?」と挨拶代わりに聞かれる事がありますね。

 

これにはすぐさま「ジャズやクラシックです」との返事が来ることは少ないのかもしれません。

 

そもそもジャズやクラシック音楽についての一般的な感想は「少し難しい」「堅苦しい」「気取っている」等が多いようです。

 

その反面、答えがポップスやロックだと会話としてなかなかの盛り上がりようになりますし、共通の趣味を持った者同士としての親近感を覚えるようです。

 

身近にあるジャズ・クラシック音楽

時代の推移とともに人々のジャズやクラシック音楽への距離は変わってきました。

 

それはテレビCMによってそれらが使われ、垣根の無い聴き方がなされたからでしょう。

 

「音楽は感情を表現する」と言われますがいろいろな方向から考えてみれば「なるほどなあ」と思います。

 

例えばある程度の年齢が重なってくれば、よくあの時代にはこの曲を聴いていたという思い出の曲が誰しも一つはありますね。

 

その時の状況を思い返すと何らかの感情と合わさっています。

 

受験の時、卒業の時、恋愛や失恋の時、家族とのイベントの時、とこれらに合わさってくる曲とは?と言えばその時のヒット曲が多いですね。

 

しかし何気なく聞いていた曲には意外とジャズやクラシック曲は多いのです。

 

何という曲かは知らないけど番組のテーマ曲で使われていたとか、ドラマで主人公が演奏していたとか、行きつけのお店でよく流れていたとか、知らないうちにスーッと私達の身体の中に入ってくるように記憶のどこかに留まっているのです。

 

実は心地良いジャズ・クラシック音楽

しかし様々の音楽に対するイメージの中でジャズやクラシックを好む人の事を、それに関心が無い人から言わせれば「頭がよくて理論的な人が多い」と思われ敬遠されるようなところがあるのです。

 

確かにその構成は、理論的な要素がかなりの部分を占めますからそうなのかもしれません。

 

つまり理論的=ジャズ・クラシック=真面目という見方なのですね。

 

しかも、

 

ここでは真面目=面白みのない人=暗いなのです。しかし、ジャズ・クラシック音楽が知らず知らず耳に入ってきたらどうでしょう?なかなかの心地良さを感じられるのではないでしょうか?

ジャズ・クラシック音楽への接し方

生活の中でかなりの影響力を広げているジャズ・クラシック音楽に今、改めて接してみようという人が増えているようです。

 

そこには楽器が私達の暮らしの中で接触しやすい存在になってきた事が要因の一つのようです。

 

まず身近に取り入れ、そして好みとするジャンルと合わせ聴く。

 

このような方法で聞くとジャズ・クラシックも私達にとって、もっと楽しめる音楽として距離が縮まってくるかもしれませんね。

 

それでは、

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です