Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

シニアボランティア経験を活かすキラメクような秘訣!?

自分の置かれている状況にふっと疑問を持った事はありませんか?人はそんな事を感じた時、ボランティアという世界に目を向ける事が多いですね。

 

その種類は様々ですがボランティアとは、誰に言われたわけでもない自由な自分の意思で自分から行う社会参加活動を意味するようです。

 

その行動はどこかしら神々しくも感じられ、気持ちの洗われるような純粋な気持ちにさせてくれます。

 

そしてシニア世代では今、このボランティアに目を向けている人が年々増えているのです。

 

シニアボランティア活動の始まり

 

これまで責任のある仕事をしてきて、ここで一段落つこうというシニア世代はこれからの人生を考えますよね。

 

そして行き着いた答えの中に、これまで経験してきた事を社会の為に役立てようという考えが出てきます。

 

一段落つく時期になったからと言ってもまだまだ何かやってみたいという考えは失くせないのです。

 

それどころか束縛されていたものから自由の身になれた時に社会の為、次の若い世代の為、これからの様々な出来事の為に自分自身が望む場所で自由に自分というものを役立てたいという気持ちが強くなるものです。

 

それは義務ではなくあくまでも自分の意思なので、感動や喜びで精神的な充実度も高くなりますね。

 

ボランティアとしてノウハウを活かす

人によってはシニアボランティアという活動を、自己犠牲という見方をする人もいるでしょう。

 

しかし当の本人にとってみれば新しく自分の存在価値を見出せる場にもなりますね。

 

例えば地域活動等はこれまでの環境とは違うかもしれませんが、人との関わりという点ではこれまでと何ら変わる事は無いですね。

 

それどころかお互いの接し方や新たな気づき、これまでのノウハウが活きてくる事は十分あるでしょう。自分が持っている人脈も大いに役立つ事も考えられます。

 

若い人との関わりという事になれば、指導という点では経験が最も活きてきますね。若い人にもとても勉強になりますし、シニアの人自身にとっても楽しい場所になる可能性は十分あります。

 

他に子育てや趣味等どれもこれも、そのノウハウを是非活かしてほしいところです。

 

シニア海外ボランティア

シニア海外ボランティアという活動もあります。

 

海外ビジネスなどの経験がある人や語学力を活かした仕事をしてきた人にとってそのスキルをかなり発揮できるものですね。

 

また途上国の状況を知る事によって違う自分の発見もあるかもしれません。

 

まだまだいろいろな分野がシニア世代の人達を待っています。

 

その為にも若々しく自分の持っているノウハウ等をシニアボランティアとして役立てられると嬉しいものですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です